srb404のアービトラージ投資blog

割安株のアービトラージ投資

カテゴリ: 銘柄分析

不動産賃貸業が好調です。賃貸の物件数を増やす方針で、賃貸は数十年単位なので、安心感があります。


0000000000

【コンテックの分析】

ダイフク子会社 持ち分比率60.7%
PER 11.27倍
時価総額 114億円

産業用機器。IoT銘柄で比較的割安。


キャプチャ




【シー・エス・ランバーの分析】


バフェットコードさんで、セグメント別売上・利益を分析する。
売上はプレスカットが大半なのだが、利益率は不動産賃貸(保育園)が高い。

プレスカットは業界自体は縮小傾向。そのなかで、業績を伸ばしているので、ピーター・リンチ的な典型的不人気銘柄といえる。シー・エス・ランバーという企業名も、よく分からない感じが良い。

人気業種の人気株は避けること。株価が着実かつ大きく上昇していくのは、不人気で成長が止まった業界の素晴らしい企業の株だ。




キャプチャ4



6


キャプチャ2



キャプチャ3

直近の決算説明資料では、不動産賃貸事業を拡大していくと書かれている。


キャプチャ

昨年に発表された中期計画のイメージでも、不動産賃貸が伸びる。

【目標株価】
PER5~10で推移と過程して、現在株価1749円の1.5倍~2倍狙う。目標株価2623円~3498円。

四季報については、四季報オンラインは使っていません。デザイン変更で使い難くなったからです。
基本はkindle版の四季報、四季報CDROMを使います。

kindle版はiphone(plusなので大画面)で開いて、1ページ目から流し読みします。気になった銘柄はスクリーンショットを撮り保存します。



紙の四季報で付箋を貼る方法ありますが、重いし、付箋貼るのが面倒なので、やらなくなりました。


四季報CDROMはスクリーニングに使います。四季報オンラインよりもスクリーニングの検索項目が多いです。


↑このページのトップヘ